無職でカードローンを利用する際の審査基準

無職の状態でカードローン契約を講じる場合、利用やれる金融機関は限られます。それでは消費者金融系は全て契約対象から外れます。これは法的な問題であり、サービス可能な範囲を超えた問題なのです。消費者金融が分類浴びる貸金業者は貸金業法と呼ばれる法律によってそのルールが定められていますが、その中に年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはならないと始める総量規制という方位rつがあるのです。これは多重債務による自己破産を抑制やる目的で行われてあり、カードローン審査時にチェック対象となります。
そのため無職の場合は銀行系のカードローンの審査を浴びるのが唯一の選択肢です。但し無職の場合、その返済能力を証明するためには配偶者等に十分な収入が居残るなどの証明が必要になります。そのような状況が揃った上で低めの限度額での契約が成立するかどうかというのが無職の人でも契約することが出来るカードローンのサービスであるということが出来ます。